ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
先週は『父と「アカギ」』な話を書いたけど、その続きというかその後の展開というか。

日テレプラスで『逆境無頼 カイジ』のリピート放送が始まったので当日は録画をセットして出社したのですよ。20時から「放送直前SP」番組というのもあって(こっちも再放送なんだけど)それプラス本編1話のタイマーをセット。
で、ケーブルTVのチャンネルを変えちゃうとダメなので、家を出る時に「夜の8時にはチャンネル合わせといてー」と父に告げておいたんです。(うちの父は時代劇チャンネルや釣りチャンネルを見てることが多いので)

帰宅してみるとSP番組は無事に録画出来ていたのですが、肝心の本編はタイマーのセット時間を間違えてしまって撮れてなく・・・「土曜日の深夜放送分を撮るかー」とその日は終了。
そして土曜日。夕飯の時に父がまたまた突然。

「今夜は『カイジ』があるんだろ?」
・・・どーゆうこと?

「え・・『アカギ』の事?それなら先週ので最終回だったんだよ。」
「いや『カイジ』ってやつ。この前録画してた番組で今日あるって言ってたぞ。見るんだろ?」

父は私が録画セットしていった番組が気になったらしくチャンネルをあわせたついでにSP番組を途中まで見てたそうな。
「マンガの描き方みたいなところまでは見てたなぁ」(←おそらくアニメスタジオ紹介の部分のこと)

「夜中だから録画しとくんだろ?見るんだろ?」

こう言われたら日曜の朝に録画分を一緒に見るしかありませんよねー?

そんな流れで「カイジ」も日曜の朝食時に見る事に。
1話のカイジはダメダメ負け犬男な上に人にすぐ騙されちゃう奴なので、闇金の遠藤さんに「借金を帳消しに出来るギャンブル船がある。それに乗って大金を手にいれろ!人生を変えてみろっ!!!」と熱く諭されたらその気になって承諾しちゃう訳です。

一方の遠藤さんは
「あいつオレの事『いい人』って思ったよなー。そんな上手い話がある訳ないのに馬鹿だなー」と内心思ってる訳ですよ。

このシーンで父がボソっと
「え・・この「遠藤」って悪い奴だったの?そうなの???」

はうっ!オトーサン、またいきなり何を言い出すンすかっ!!!

「闇金の人だしー、この後も何度もカイジをゴニョゴニョ・・・」と教えると

「そうか・・・悪い奴だったのかぁ・・・・はぁ・・・」

ちょ・・・なんでそんなにショック受けているんですか!?

どうやらパチンコ台で『カイジ』をやってきたらしい。つーか以前から元ネタを判らないまま何度か打ってたらしい。(それで先週の「アカギのパチンコ台あるよね」の話に繋がるのです)パチンコでもパチスロでも「遠藤」はカイジに薔薇の花束持ってきたり、札束を渡してくれたりと「確変」や「ボーナス」系のイベントで登場するため、父の中では「遠藤さん=困っている主役の青年を助けてくれる良い人」のイメージ・・・言わば水戸黄門の「風車の矢七」みたいなキャラだと思っていたのが、真逆だったのがショックだったんだってー。
なんじゃ、ソリャ~。

カイジ遠藤さん
↑まぁ確かにこんな姿で華麗に登場してくるんだから、そう思っちゃうのかも・・・

キャラを乗っけた台だと元設定とか関係なしでそういうイメージが生まれるんだなぁ。
「エヴァ」や「アクエリオン」も本編をおそらく1度も見たことないであろうオバちゃんなんかが「シンジくんは地球を守る為に戦っているのよね!」って話すもんなぁ・・・ビミョーに違うよなぁ。
ちなみに「利根川さん」「一条くん」は「悪いやつ」と判ってました。

まあ、そんなこんなで父も元ネタが判るのは楽しいようなので今後も「カイジ」は一緒に見ることになりそうデス。

SP番組の方は「福本センセー、カッコええー。そしてウッカリ自分の事を「お父さんは~」と言ってしまってカワエエー」な1時間。(「アカギみたいな男は現実にはいませんからッ!あんなことしたら現実のギャンブルではまず負けちゃいますからっ!」と何度も言うのもなんか可愛かったです。)

スポンサーサイト
web拍手

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 パァニ…パァニ…鉄砲玉, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。